復興ダンゴ


この日は野村家に伺って、来月18、19日に横浜STスポットで発表する、

 

老人ホーム・REMIX#2”復興ダンゴ”のリハーサルを行いました。

 

彼の家に到着したのは14時半。それから準備運動としてのお話が約3時間半。

 

時計を見たら18時を回っていましたが、その準備運動というか準備お話で身体も心も温まり、

 

それからのリハーサルはとても素敵な時間になりました。

 

その後、ダンスシーン以外の音を、映像に合わせてほんの少し聞かせてもらいました。

 

彼曰く、今はまだメモ程度だと言っていましたが、その曲はとても素晴らしかったです。

 

僕はそれを聞いていて、昨年6月、野村くん、藪さんを訪ねて行ったジョクジャカルタの、

 

そこかしこにあるモスクから流れるコーラン、その音の重なりを思い出しました。

 

それぞれが独立しているのだけれど、どこか楽しくハーモニーを奏で合っている、

 

そんな美しいポリフォニックな関係を、その日の野村くんと映像から感じたのです。

 

多様なものがヒエラルキーを作ることではなく、そのまま多様なままに付かず離れず、

 

絡み合いながら織りなす社会、世界はどんなだろうと、僕は帰る道々、

 

彼の演奏を思い出しては、身体を踊らせながら考えていました。

 

公演の詳細はこちら。

 

http://sakuraen.blogspot.com/