京都〜新長田


昼間は、京都の東山青少年活動センターにて、知的障がい者対象のワークショップ、

 

”からだではなそう”を開催。月一回のワークショップも今年で6年目。

 

この日は、参加者とナビゲータサイドがほぼマンツ−マンで関わることが出来、最後は即興を行いました。

 

障害の度合いが一人一人異なるので、やはり彼等とはマンツ−マンで関わる時間は重要だなと再認識しました。

 

そんな時間を経たから、最近はあまり動くことが少なかったNくんがとても楽しそうに動いていました。

 

ワークショップが終わり、新長田に移動し、浅野泰生さんの「FULFIL」をDANCE BOXに観に行きました。

 

客席を移動可能にして、作品内容も構築から、その解体を志向する作品作りで、

 

なかなか実験的で興味深かったです。ただ、構築具合と解体具合が、もっと思い切って振付け・演出した方が、

 

彼の描きたかった世界がもっと表現できたのではと、個人的には思いました。