ロボットとダンス


この日は、京都精華町にあるATR知能ロボティクス研究所の

 

石黒浩研究室の研究員でもある山崎竜二さんと打ち合わせをするために、 

 

西川勝さん(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授)と

 

一緒に訪ねました。山崎さんは遠隔操作ロボットの

 

福祉教育への適用を考えていて、ダンサーである僕がATRで開発された

 

ロボットであるテレノイドと関係を結ぶことで、

 

人間とロボットの新たな可能性を探れないかと考えています。

 

取りあえず、この日はテレノイドと触れ合い色々試しました。

 

テレノイドは手足の先がなく、一見異様な形なのですが、

 

ずっと抱いて見続けていると不思議と変な感じも薄れ、

 

何だか愛着が沸いてきました。まあ、まだ一回目なので、

 

これがどんな風に展開するのか分かりませんが、

 

人間とロボットの友情関係ができるのでは考えるとちょっと楽しみです。

 

いやー、いつかロボットとダンスできたらと考えると何だかワクワクします。

 

それにしてもダンスをやっていて、

 

山崎さんのような理系の人と付き合うことになろうとは思ってもみませんでした。

 

世の中には、色々な人がいるものです。

 

さて、近々の予定として、山崎さんコーディネイトの元、2月下旬に石川で

 

ロボット+お年寄り+子どもワークショップを行います。

 

その経過はまたブログでご報告します。

 

あっ、ちなみに写真の黒い人もロボットです。


http://www.geminoid.jp/en/index.html