2012年

3月

06日

仙台一日目


この日は去年の12月以来、3ヶ月ぶりの仙台でした。

 

到着後、先ずは仙台メディアテークへ行きました。

 

昨年に訪問した第一回目の9月から、メディアテークの細谷さんと一緒に佐々木さん親子の声を記録しています。

 

その模様は下記のアドレスからご覧になれます。

 

http://www.youtube.com/watch?v=1_F3ziFSJAE

http://www.youtube.com/watch?v=W1qTOflOdXk

http://www.youtube.com/watch?v=5yfw51Hzz_c

 

震災からほぼ1年、そして収録から半年経ち、その話しぶりから親子共々微かな変化は感じられました。

 

しかし、それは当たり前のことですが、心が癒えるまではまだまだ時間が掛かると思います。

 

だから、こうやって彼らの声を聞いたり、記録していくことが、未来に向けての貴重な記録に

 

なるでしょうし、その声をYoutubeを通して発信していくことは意味のあることだと感じています。

 

今回の収録も編集でき次第、ご案内しますので、是非彼等の声を聞いて頂ければと思います。

 

さて、夜は福祉プラザでワークショップで、その内容は先週、舞鶴で行った影と踊るの発展版。

 

この晩は、照明機材を持ち込んで、自分の影を壁に投影し、その影と様々なバリエーションで踊りました。

 

その模様は、ARC>Tのブログにも紹介されています。

 

http://arct.jp/blog_action.html#/detail/8131867598213796438

 

皆の動きを観ていると、影は自分でもあり、他者でもあり、何者でもない妖怪のようでもありました。

 

普段、実体に囚われていることが多い僕等は、たまにはこうやって影と踊っててみるのも良いと思います。

 

影から学ぶという姿勢は、普段、見えにくかったり、聞こえにくい存在にも目を向けることになります。

 

そういった戯れのようなダンスが、今の社会を見つめ直したり、はたまた変えていく、

 

そんなムーヴメントに繋がっていくと良いなー。