2012年

3月

07日

仙台二日目


仙台二日目のこの日、午前中はせんだい演劇工房10-BOXでダウン症のお子さんとその親の会の、

 

だっこの会でのワークショップ。お母さんのお子さんへの普段とは異なる関わり方を色々提案し、

 

ワークしてもらいました。その中で、お子さんを抱きなれているお母さんを抱っこするというワークを

 

行いましたが、これが中々お母さん方は緊張し身体が硬かった。お子さんを抱いているお母さんは実は、

 

同時にお子さんにも抱かれている訳ですから、抱き上手は抱かれ上手にもならないといけませんね。

 

その時の模様はARC>Tの活動ブログにも紹介されています。

 

http://arct.jp/blog_action.html#/detail/4942391127134968477

 

そして、お昼からは仙台メディアテークの細谷さんと名取市文化市民会館の渡邊さんへの取材。

 

去年の3.11の当日から、会館が避難所になっていた時の模様、そしてそんな事を経験した会館の

 

これからの未来への展望等を語ってもらいました。この映像は編集でき次第、ホームページ上にアップします。

 

ちなみに、昨年震災直後の名取市文化市民会館の様子がYouTubeにアップされています。

 

その当時の模様はこんな感じだったんですね。

 

http://www.youtube.com/watch?v=i6BBehpu0_0

 

夜は再び、10-BOXに戻りワークショップ。鏡や手相を使って踊ってもらいました。

 

http://arct.jp/blog_action.html#/detail/6153089073292805143

 

終わって、メディアテークの甲斐さん等と飲みに、”李さんのキムチ”へ。

 

美味しい韓国料理をほおばり、マッコリを飲みながら、久々の再会を喜び、楽しく語らいました。

 

いやーそれにしても二日目のこの日はボリュームたっぷりの一日でした。