仙台三日目


この日の午前中は、ARC>Tの千田優太さんに連れられて、海岸線の七ヶ浜へ。

 

震災から一年経っているのに、倒壊した家々の瓦礫がまだ散在していました。

 

千田さん曰く、それでも随分と整地されたらしく、

 

その後、浜辺を歩いたのですが、そこも随分と地盤沈下をしたそうです。

 

改めて、地震と津波の甚大さに驚きました。

 

昼からは10-BOXで平均年齢66歳のシニア劇団まんざらさんと

 

ワークショップ。

 

http://www.gekito.jp/manzara.html

 

いやー濃いメンバーでした!

 

先月2月にメディアテークで行われたJCDN主催、”踊りに行くぜ”でも、

 

磯島未来作品にメンバーの10名程が参加されていたと聞いていたのですが

 

想像以上に、みんなパワフルで面白かったです。

 

ワークのお題に対しても、最初は”えーっ”と戸惑いながらも、

 

いざ発表の段になると、さっきの恥じらいはなんだったの?という程に

 

みんな弾けて踊っていました。

 

こういったシニアの世代の方がいる限り、仙台は大丈夫と思いましたし、

 

様々な現場の方々も、まんざらの人達をもっと色々な所に

 

活用したら良いのになーと思いました。

 

ワークが終わり、皆が帰る中、参加者の一人で、空手をやっている

 

恰幅の良い男性が今練習中なんだけどもお礼にと言って、

 

恥ずかしそうにハーモニカでふるさとを吹いてくれました。

 

とても素敵な演奏でした。


http://arct.jp/blog_action.html#/detail/6286219507800321535