肘ですね肘


1週間ぶりに合気道の稽古です。稽古終盤の天地投げの組み手をしている時でした、その時の相手である

 

僕よりも上段者のNさんに”力を入れて、僕を投げ飛ばそうとしてますね”と言われました。

 

えっ、と思い、その時の自分の姿を見てみると、確かに肘を折り切れず、どこか突っ張っていました。

 

肘は自我=エゴが現れる所ですね。だから肘の力を抜き、自我を捨てるのはなかなか出来ません。

 

力を抜きなさいと常々、師範からは言われ、頭では分かっているのですが、

 

いざ抜こうとすると、自分が投げ飛ばされるのではと恐怖感が走ります。

 

でも、そこを意識して力を抜いてやってみると、(まあ、そんな事が出来るのはほんのたまにですが)

 

とても気持ち良く、自分の力ではない何かとアクセス出来たりする感覚を味わえたりします。

 

ただ、そういうことが理屈で分かっていても、ついつい肘に力が入るという事は、

 

いかに自分が自分というものに固執しているのかが分かります。

 

そしてそんな自分の業の深さも改めて実感します。

 

ほんの僅かなことで世界を豊かに味わえるのに、自らその世界を遠ざけてしまうなんて、、、

 

いやー生きていくこと、そして人だけでなく、何かと関わるということは、はなかなか難しいものですね。