野村誠さんとの勉強会


4月最後のこの日は、野村誠さん宅で勉強会。

 

ただ内実は、野村さんが僕の直感的にやっていることの意義というか理論化を手伝ってくれているというか、

 

その言語化を助けてくれているというのが実情です。

 

この日も野村さんがダンスに関する様々な質問を僕に投げかけては、それに応えるという形で進みました。

 

この日は、僕がダンス思想的に影響を受けているイヴォンヌ・レイナーやトリシャ・ブラウンといった

 

それまでのダンスの概念を変えたジャドソン教会派の話を話をしたところ、

 

野村さんはジョン・ケージやディープリスニングといった概念を交え、色々と話してくれました。

 

いやーそれにしても彼の知識や物事の整理の仕方はやはり流石で、

 

彼の音楽がそういった文脈をきっちり踏まえた上で成り立っているということがはっきり分かりました。

 

ちなみにこの日の模様は彼のブログにも触れられています。

 

http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20120430

 

勉強会終了後、彼と奥さんの藪さんの三人で岩倉にある彼等の畑の見学を挟み、

 

最後は即興セッションを行いました。

 

この日は、藪さんも参加され、ディープリスニングを入り口に、

 

そこから生まれる音とダンスを味わいました。