2012年

5月

23日

西岡さんToolを語りにキャンパスに


この日は、Thikwa+Junkanに参加頂いている西岡樹里さんに声をかけ、彼女の母校でもある神戸女学院の

 

僕の授業に来てもらい、彼女の企画した公演の宣伝しがてら彼女の後輩達と交流してもらいました。

 

西岡さんは舞踊専攻の一期生。彼女が卒業してから2年の間に経験してきたことや、今感じていることに

 

後輩である今年3回生の皆は揃って耳を傾けているように感じました。

 

彼女の公演宣伝が終わり、彼女にはそのまま僕の授業に3回生と一緒に参加してもらいました。

 

この日の授業はTrisha Brownの初期作品のアイデアを模倣しながら、創作をしました。

 

3回生の皆は、先輩である西岡さんと一緒に創作することで、緊張しながらも

 

何か触発されたのではないかと思います。

 

そして、最後には出来上がったピースを野外に出て、それぞれのチーム毎に発表し、見合いました。

 

授業後、西岡さんが、彼女が学生時代によく行っていたキャンパスの色々な場所を案内してくれました。

 

チャペルに雰囲気のある渡り廊下、校庭の片隅等、色々と良い場所を発見。

 

この学院に通い始めて4年目になりますが、ヴォーリズ建築の素敵さに改めて感心しながら、

 

普段のスタジオからのとんぼ返りではなく、たまにはキャンパス散策するのも良いなと思いました。

 

さて最後になりましたが、西岡さんの公演、『Tool』の情報はこちらです。 

 

http://www.db-dancebox.org/04_sc/1206_juli/index.html

 

山中透さん等も参加するこの公演、レコメンドです!

 

お時間ある方は、6月20日に神戸・新長田にあるdance boxへ是非!