選挙についての語り合い、その一


音楽家の野村誠さん、藪公美子さん夫妻と選挙について語り合いました。

 

http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20121205

 

反原発の支持者は国民の大半を占めているのに、なぜ選挙前の世論調査では

 

原発推進の政党が過半数を超える支持になるのでしょうか?僕は不思議でなりません。

 

みんな自分の命や自分の家族、友人よりお金が大切なのでしょうか?

 

そんなことは絶対無いと信じたいけれど、お金に魅入られ心を奪われている人は少なくないのでしょうね。

 

日本という国には、未だに議会制民主主義が生まれておらず、

 

戦後一貫して議会制大企業優先主義なのだなーとつくづく実感します。

 

そういった現実を踏まえ、どう生きたいのか?その為にはどうしたら良いのか?

 

選挙が目前なので、政治に関心を持つ事は大切で、その為の一票を投じる事は重要な事だけれども、

 

上が変われば生活が豊かに変わるという幻想はやはり幻想に過ぎないのだということを

 

この3年で教訓にできたと思うので、私たち一人一人が私たち自身の生活、

 

その考え方をきちんと見つめ直すことが、やっぱり大事な気がします。