照屋勇賢さん


吾妻橋のアサヒアートスクエアで開催された「表現の糧学校」に講師として参加してきました。

 

http://arts-npo.org/school2012.html

 

対談者は現代美術家の照屋勇賢さんでした。

 

http://www.yukenteruyastudio.com/

 

彼の仕事をみていると、細かな手作業のなか物事にじっくり丁寧に向き合うこと、

 

それは効率よく速くではなく、遅さの強さというのが存在するのだと感じます。

 

対談をすると兎角気を使ったり、時に消化不良で終わることもあるのですが、

 

照屋さんとは話すテンポや間合い、対話の距離感の調子が合わせ易くとても心地良かったです。

 

とても良い対談が出来たし、一年の終わりに素敵な出会いが生まれました。

 

ちなみに今回の学校の参加者である土屋悠太郎さんが「表現の糧学校」について、

 

彼のブログで触れてくれているのでご覧ください。

 

http://tanmachart.blog133.fc2.com/blog-entry-265.html