再開


久々のブログです。

 

2、3月はブログを書く間がない程、色々と立て込んでおりました。

 

となりの茨木市でワークショップがあったり、沖縄や仙台、石川に行ったり、

 

劇団での振付けや、美術館でのパフォーマンスがあったりと、(まあ沖縄は仕事ではありませんでしたが)

 

1月末からの2ヶ月間、ほとんど休みがなく、忙しくしておりました。

 

さて、そんなこんなでバタバタしておりましたが、4月からは例年通り大学の授業が始まりました。

 

今年度は火曜は立命館大学の一般学生、水曜は神戸女学院大学の舞踊専攻の学生、

 

木曜は近畿大学の舞台芸術専攻の学生と一緒にダンスを学び合っています。

 

そして5月からは前期のみですが天理医療大学の学生達とまみえます。

 

立命館大学の授業ではほとんどの学生がダンス経験がない学生で、

 

近畿大学の学生は経験はありますが、主に大学に入ってからダンスを始めた学生達です。

 

それらに比べると神戸女学院大学の学生達はほとんどの人が幼少からバレエかモダンダンスをやっていいて、

 

既に西洋のダンステクニックを学んできている人たちです。

 

こうやって書いてみると、ダンスに関しての経験や技術が一様でない人たちと

 

私は毎週接しているのだなーと思います。

 

しかし、このダンス経験がない人から、とてもテクニカルな人たちと接するこの振れ幅ある日々が

 

ダンスとは一体何ぞやと考えたり、そこに基づく実験・実践が出来て良いのかなと感じています。

 

いやーそれにしても、どんな事も学びですね。

 

彼等と接している時間でこちらも随分と色々な事を学ばせてもらっているなと思います。

 

 

さてさて、今日の最後に、取りあえず今年度決まっている舞台予定をお知らせしておきます。

 

9月22日、北九州芸術劇場でショーケース。

 

とつとつダンス・シンポジウム&パフォーマンスを舞鶴で、10月以降で日程を調整中。

 

音楽家の野村誠さんと2014年2月22、23日(パフォーマンス数に日程変更かも)を伊丹アイホールで。

 

閖上でのプロジェクト、パフォーマンスを2014年3月15、16日に名取市文化市民会館で。

 

その他にも垣尾くん、Hyslom等とのプロジェクトも恐らく秋に何かしら行うと思います。

 

また新しい事が決まり次第、News欄にアップしていきますね。

 

それでは、今年度もどうぞよろしくお願いします。