2015年

2月

11日

鍼灸院


 身体のメンテナンスに定期的に通っている           

 

鍼灸院に行きました。


とんだ勘違いで診療時間を間違えてしまったのですが、

 

そのお陰で上賀茂神社をゆっくりとお散歩できました。

 

この神社はいい気が流れています。

 

30分程、神社の神様の気に満たされて、いざ診療へ。

 

診療後はその日の僕の様子を毎回アップした写真のように

 

図にしてもらいながら先生の説明を聞きます。

 

張っている所(悪い水が溜まっている所)は黒く

 

示された所で、約1年半前に通いだしてからほぼ変わらずですが、先生曰く最初の頃よりは針を刺した時の感覚が

 

随分と変化してきて柔らかくなってきたようです。

 

鍼灸に通うだけでなく、家でお灸をしたり、ヨガをしているのが、少しずつですが効いてきているのかもしれません。

 

そういえば、最近、呼吸がゆったりと出来ていて心が落ち着いているなと感じる瞬間が増えてきているように思います。

 

こうやって鍼灸に通ったり、家でお灸をしたりしながら、自分の身体の癖(個性)が少しずつ分かってくると

 

不調なサインとして出てくる身体の張りも、それは単純に排除するものとして見るのではなく、


その凝りはそうやって何かを僕に伝え、大事に至る前に僕の身体を守ってくれているのかもしれないと

 

感じるようになりました。

 

そして、そんな風に普段から自分の身体と付き合っていると凝りや張りも、

 

僕の心の声に聞き耳をたててくれるようになり、どんどん柔らかい、良い奴になってきている気がします。