2015年

2月

17日

山口滞在一日目


 この日から山口在住のダンサー、イフクキョウコさんとダンス作品を制作するために山口に赴きました。


イフクさんとは10年前に寺田みさこさんと一緒に北九州芸術劇場で開催したダンスラボ以来のお付き合いで、

 

http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/schedule/dance2005.html

 

2013年に同じく北九州芸術劇場で上演した”猿とモルターレ”の泣き女として共演もして頂いています。

 

http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/event/2013/0922showcase.html

 

さて当日は、昼過ぎに山口駅に到着、昼食をイフクさんのご主人でYCAMのエンジニアスタッフでもある

 

大脇理智さんとご一緒しました。

 

大脇さんはダムタイプの元スタッフであり、ご自身でパフォーマンス集団も主宰している等、

 

ダンスに対する知識も豊富で彼との話しはとても知的で刺激的です。

 

昼食後、大脇さんとイフクさんが運営しているスタジオイマイチでリハーサルを開始。

 

http://imaichi.net/

 

今回の滞在は、イフクさんとの作品制作がメインで、作品名が”シリーズからだ図鑑 その1声帯”です。

 

http://imaichi.net/?p=2746

 

この日は喉に手を当てて、その振動の動きを感じ合い動きにしていきました。

 

夕方までリハーサルを行って、この日は終了。その後、湯田温泉に行って旅の疲れを取りました。