石垣島旅行ー二日目・西表島

 石垣島滞在二日目、この日も離島フェリー乗り場に


行き、フェリーに40分程乗り西表島の大原港へと


向かいました。最初の目的地は仲間川遊覧船に乗って


マングローブの森に。海水と淡水の狭間で生息している


マングローグ、川の奥に進むにつれ森のそこかしこが


まるで振動しているかのような錯覚に陥るほど、


その存在感に圧倒されます。


遊覧船に乗って30分、川を上っていった先に


樹齢400年の「サキシマスオウノキ」が


鎮座しています。その姿は森の長老、生き神さまといった


感じでした。


遊覧船を降り、次に向かったのは由布島です。


由布島は以前は人が住んでいたそうなんですが


何年か前の台風の被害で人がその島から去り


今では人は住んでいないのですが島全体が植物園になっています。


ここでは、島に渡る際に乗った水牛車がなんとものどかで良かったです。


由布島の観光を14時過ぎには終え、この日の泊まる西表島の宿に向かいます。


チェックインを済ませ部屋に案内してもらう時に宿の人から近くのビーチを教えてもらいました。


部屋で一休憩した後、ビーチに向かうと、180°水平線まで広がる浜辺が現れ、2、3人の釣り人以外は


ほとんど人がおらず、とてものどかでした。その後は、そこで波の音に身を委ね、のんびりと過ごしました。