2015年

3月

08日

身体コミュニケーションの可能性ーダンスとロボット

 京阪なにわ橋駅にあるアートエリアB1で、西川勝さん(大阪大学CSCD教員)を中心にここ3年の科研費で取り組んだ


「認知症高齢者の身体コミュニケーションに関するダンスとロボットによる実践的研究」の成果発表を行いました、


登壇したのは研究員の藤波努さん(北陸先端科学技術大学院大学 / ライフスタイルデザイン研究センター教授)に、


西尾修一さん(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 / 研究員)と研究協力員として私、


そしてゲストに麻生武さんを( 奈良女子大学大学院人間文化研究科教授 )を迎えて、


この間、取り組んだこと、それによって示されたものを映像やデータに表して議論、トークしました。